売掛金を資金化できるファクタリングサービスで経営危機を回避

サイトマップ

Factoring

インターネットの広告からの申し込みは慎重に!

グラフ

ファクタリングは売掛金を売却して資金化する方法で、貸金業者のように法的な規制が無く、優良な会社から悪徳会社、はたまた闇金といったもの参入しているのが実態です。そのため、インターネットの広告に掲載されているから安心できるとは言い難く、広告からアクセスしたホームページは怪しいものもあります。
一見するとファクタリングに関する説明や情報などが盛り込まれていて安心できるように感じられるファクタリング会社でも、ホームページの隅々まで確認すると穴があります。そもそも、売掛金が発生している売掛先が安心できる会社であれば、リスクを抑えて買取も出来ます。ましてや、信用度が低ければ買取しないといったことが可能であり、資金化出来る売掛金の査定自体はファクタリング会社に主導権を握られています。
そこで、安心できるファクタリング会社を選ぶポイントとしては、総合サイトなど運営会社が安心できるところを経由するのがおすすめです。この方法であれば、ファクタリング会社自体の信用調査は、サイト運営会社がチェックするため、自社で信用調査をする必要がありません。
売掛金の資金化を急ぎ、甘い広告文句や様々なファクタリング会社や紹介サイトで確認可能な情報で固めている会社を安易に選ばないように自己防衛が肝心です。

知らないではことは企業価値を下げる!取引先の信用より自社の問題!

支払期日前の売掛金を売却して、運転資金が調達出来るファクタリングは近年知名度が増しています。ですが、ファクタリングというシステム自体を知らない人がいるのも事実です。経理担当者の多くは、簿記の資格を取得しているものの、売掛金の売却すなわちファクタリング自体は簿記に登場しないという問題があります。
そもそも、ファクタリング自体は新しい資金調達の方法ではなく、古くから存在するものです。そして、ファクタリングは3社間ともなると、取引先の信用を心配してしまいますが、それ以上に自社の企業価値を損なってしまう可能性があります。また、自社にとっては運転資金の調達方法を知らないということになり、金融機関から融資が受けられない場合、倒産リスクを生じさせることになってしまいます。
ファクタリングに利用することが可能といったことは、取引先にとっては継続的に商品購入やサービスの利用といったビジネスチャンスに繋がり、結果として信用ばかり気にしていると利益を損なうといったことになってしまいます。そのため、経営者や経理担当部門は自社で利用しなくても、ファクタリングという売掛金の売却による運転資金の調達方法をマスターしておくことがおすすめです。将来的に自社のキャッシュフローの改善に繋がる可能性もあり、知っていることは損にならず、自社にとってのメリットになります。

売掛金を現金化するメリット

一般的に会社を立ち上げて間もないころは、経歴的にはまっさらの状態ですから、銀行としても評価の下しようがなく、融資しましょうと言ってくれる可能性は比較的低いです。しかし、会社経営において、一番危ないのが、この安定していない創業時です。ビジネスを軌道に乗せるためにも、ぜひとも運転資金を確保しておきたいところですが、そういう時にお勧めしたいのが、近年注目されている売掛金の現金化サービスです。
売掛金の現金化サービス。これは通常ファクタリングと呼ばれているのですが、読んで字のごとく、売掛金を売却することで現金を振り込んでもらえるというサービスになっています。売掛金の現金化と聞くと、本当にそんなことができるのかと疑いたくなりますが、近年このサービスを提供する会社もぽつぽつと増えているので、新しいサービスにありがちな胡散臭さはかなり減ってきたと言えます。
ファクタリングは、どんな売掛金でもいいというわけではありません。資金の回収できる可能性が低い、もしくはない場合、買取を断られたり、手数料を引き上げられたりすることもあります。しかし、それほどひどくない売掛金の場合なら、ファクタリング会社もすんなり審査を通してくれますし、数日から即日で振り込んでくれますので、すぐにでもお金が欲しいという方はファクタリング会社に相談してみましょう。

New Article

外国人

少額の売掛金なら債権回収業務の効率化も!

良心的なファクタリング会社、つまり買取手数料も低く、売掛金も正当な査定を行う会社であれば、売掛金債権の回収業務を任せるという選択肢があります。特に少額の売掛金に対して、回収業務は社内における労務コストに影響してしまいます。例えば、10万円の売掛金に対して、2時間や3時間の手間を掛けてしまう分だけ、目に見えない費用が掛かり、結果として無駄な業務が増えてしまいます。しかし、ファクタリングの場合、債権回収業務が外部の移管され、自社は代金を受け取るだけと債権回収フローもスリムにすることが可能です。少額に売掛金が増えるほど、業務負荷が増加し、本来できる業務が出来なくなり、トータル的…

笑顔の男性

個人事業主でも契約可能?少額の売掛金に対応した会社も!

ファクタリングにより売掛金が売買できるのは、法人企業だけと考えてしまうことがあります。ファクタリング会社の中には、法人企業をターゲットにしていることも多く、個人事業主には対応していない会社が多いため、利用できないというイメージがついています。しかし、実際には個人事業主に対応したファクタリング会社もあり、10万円や100万円からの買い取り対応ということもあります。そして、これらの個人事業主に対応したファクタリング会社は知名度や営業実績もあるため、安心して利用できるといったこともあり、金融機関からの融資が厳しく、売掛金の入金までの期間により新たな営業活動を行えないといったこと…

ガッツポーズ

2社間ファクタリングのメリットとデメリットとは?

ファクタリングは最近注目されている資金調達方法です。ファクタリングには主に2つの種類があります。1つは2社間ファクタリング、もう1つは3社間ファクタリングというものです。では、2社間ファクタリングにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。まず、2社間ファクタリングというのは自社とファクタリング会社だけの契約で資金調達することです。そこで、メリットとしては取引先に売掛債権を譲渡したことがばれないという点があります。売掛金を回収する前に資金化したいということは、取引先に誤解を与えてしまいます。例えば、よほど資金繰りが苦しいのではないかと思われてしまうのです。さらに…

握手

ファクタリングのメリットはどこにある?

私たちが買い物をする際は基本的に現金との物々交換が原則で、即座に支払いが完了するものがほとんどですよね。しかし企業間の取引の場合は、売掛金と呼ばれる方法をとることがあります。それを現金化するファクタリングとはどのようなシステムなのでしょうか?まず売掛金とは、いわゆる約束手形のようなもので、企業間での取引の際に締め日などが支払い期限で、まだ入金されていない状態のお金のことです。しかし事業を行っていく際に、どうしてもすぐにお金が必要になることがあります。その際に活用されるのが、ファクタリングと呼ばれる、第三者を介入するサービスです。簡単に言うと、この売掛金の権利を第三者に売却し、金銭…